作品・作家

取り扱い作品について
粟野春慶塗(あわのしゅんけいぬり)
IMG_3668.jpg

茨城県には500年続く伝統的な「粟野春慶塗」という素晴らしい技術があります。

別名「水戸春慶」とも呼ばれる粟野春慶塗。

岐阜県の飛騨春慶塗、秋田県の能代春慶塗と共に日本三春慶のひとつに数えられる伝統工芸で、この中で最も古いものもとされており、室町中期の延徳元年(1489年)に稲川山城守源義明が桂村粟で始められたと伝えられています。

1976年には国の無形文化財に、1989年には県の無形文化財に指定されました。

また、茨城県郷土工芸品として指定されています。

 

材料は、昔は全て茨城県産のものを使っていたようですが、現在は木は木曽桧、漆は上質なことで知られる茨城県大子の漆を使って作られています。

春慶塗は飴色の漆の下に、美しい木地の木目が透けて見えるのが特徴。

使うほどに透明感が増し、味わい深く変化します。

全て昔ながらの作業工程で行っており、非常に貴重な技術です。

 


貴重な国産漆を使って作られたお弁当箱。

漆を塗ってあるので扱いは簡単で、冷めてもご飯は美味しいまま。

また抗菌作用のあるある漆はお弁当箱に適しています。

500年間受け継がれてきた伝統の技のお弁当箱で、美味しいご飯をどうぞ。

 

奥会津編組細工 山ぶどうの手提げ籠
IMG_1195.jpg

奥会津地方の山間部で採取される、貴重な山葡萄蔓の皮を使って作られています。

元々は山中での厳しい作業に耐えられる丈夫な籠として、作られていました。

材料は、6月頃に採取する一枚皮が原材料とされますが、その山葡萄の皮も年々減少傾向にあります。

高いところまで蔓が伸びており、捻じれの少ない蔓を採取するためには常に危険が伴うため、質の良い山葡萄の皮を採取するのは大変な労力を要します。

 

その歴史は古く、縄文時代より編み組の技術や技法が存在したことがわかっています。

昔から日常の生活用品として作られていおり、その技術が今日まで受け継がれている伝統工芸です。

 

材料が強靭であり、一生物とされる山葡萄の籠。

使うほどに艶が出て味わい深い色合いに変化します。

1